シリコン コーキング材開封後の長期保管方法

シリコン コーキング材開封後の長期保管方法TOP
Sponsored Links

外壁の隙間埋めや水回りの防水などの補修に便利なコーキング材ですが、余って使いきれないときがあります。

余ったコーキング材をそのまま放置しておくと、次回使おうと思ったら固まってて、もう使えなくなってしまってることが何度もあります。

開封後の余ったコーキング材を、なんとか長期保存できないかといろいろ試した結果、開封後約5か月経ったシリコンシーラントが固まらずに使用できた保管方法をご紹介します。

Sponsored Links
Sponsored Links

余ったコーキング材が固まらないように試してみる

今までに余ったコーキング材が固まらないようにいろいろな方法で試してみました。

保管場所は、直射日光が当たらない倉庫です。

ビニールテープで保管

カットしたノズルの先端を絶縁用のビニールテープで巻いてみました。

1週間後、中身は固まっていませんでしたが、ノズル内は固まってしまいました。

コーキング材をビニールテープで保管

マスキングテープで保管

カットしたノズルの先端にマスキングテープを巻いてみました。

1週間後、ビニールテープと同じく中身は固まっていませんでしたが、ノズル内は固まってしまいました。

コーキング材をマスキングテープで保管

釘で保管

カットしたノズルの穴と同じ大きさの釘を刺してみました。

1週間後、ビニールテープ、マスキングテープと同じく中身は固まっていませんでしたが、ノズル内は固まってしまいました。

コーキング材を釘で保管

余ったコーキング材をこれで長期保存する

上の3つを試してみましたが、いずれもノズル内のコーキング材が固まってしまい長期保存ができません。

あるとき、ストックしてある金物の中にいいものを見つけました。

それは「ねじ込むタイプのヒートン」です。ヒートンは壁などにねじ込んで物を吊り下げたり、引っ張ったりと用途はいろいろ使える便利な金具ですね。

たまたま家にあったヒートンの大きさと、コーキング材のカットしたノズルの穴がいい感じだったので、試しにねじ込みながら装着してみました。ヒートンの形は、ちょうど回しやすいです。

コーキング材のノズルにヒートンを装着

奥までしっかりねじ込みました。

コーキング材をしばらく使うことがなくなったので、この状態で保管して様子を見ます。

ヒートンを奥までねじ込む

コーキング材を約5か月後に使ってみる

余ったコーキング材のノズルに「ヒートン」を装着して約5か月が経ったある日、使うことがあったので「ヒートン」を外しコーキングガンを握ってみると、なんと抵抗もなく開封直後のようにシリコンシーラントが出てきてビックリ。

たぶん「ヒートン」を装着することでノズルの穴が上手く密閉できたと思います。

開封5か月後のコーキング

おわりに

今回の保管場所や湿度、温度がたまたま良かったのかもわかりませんが、使いきれなかったコーキング材を長期保存するときは、ヒートンがいいと思いました。余ったコーキングが固まらない方法を探している方は、試してみる価値はあると思います。

Sponsored Links
Sponsored Links
DIY
soraをフォローする
そらいろライフ

コメント

  1. 三島 より:

    ヒートンなら、安いし、引き抜きしやすくていいですね。現場で作業が遅いとせかされるので、良い情報をありがとうございます。

    • sorasora より:

      三島様、はじめまして。
      ヒートンは脱着しやすく何回でも使えるので、現場でもいいかもしれませんね。
      こちらこそコメントありがとうございました。