キーケースの金具を修理

壊れたキーケース

15年ほど使用しているキーケースの金具が、外れてきだしました。金具以外はまだまだ使えるので、自分で交換修理してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キーケースの金具を修理

キーケースの金具は、長く使用していることで、少しずつ摩耗したり、歪んできて外れやすくなってきます。
ブランド物を修理に出すと、結構な修理料金がかかります。調べてみると、金具だけ売ってることがわかったので、自分で修理することにしてみました。

準備するもの

  • キーケースの金具

準備する工具

  • カシメ打ち具セット
  • ニッパー
  • ハンマー

既存のカシメを外す

はじめにニッパーを使い、既存のカシメのアタマを挟むようにして潰します。

カシメのアタマを潰す

潰すと、カシメの頭がぐらぐらになって外れます。

カシメのアタマが外れた

キーケースの金具を用意

今回のキーケースは、ブランド物ですが、専用の金具だけは手に入りそうではなかったので、外径や穴の位置を測り、同じような物をAmazonで入手しました。元々の金具の色はシルバーでしたが、気分転換も兼ねてブロンズにしてみました。

Amazonでキーケースの金具を探す

交換する前のキーケース金具

カシメを取り付ける

裏側からサイズが近いカシメのアシを差し込みます。ここでは、カシメ打ち具セットの台が入らないので、既存の金具を下に置いて台にしました。

Amazonでカシメ打ち具セットを探す

カシメのアシをセット

カシメを打つ

表側からカシメのアタマをセットして、カシメ打ち棒で真っ直ぐに打ち込みます。カシメを取り付ける作業は、今回が初めてだったので、キーケースにセットしないで、何回か試し打ちしてみました。

カシメを打つ

完成

これで、カシメを取り付けて、キーケースの金具を交換することができました。

キーケースの金具を交換した画像

おわりに

キーケースの金具を交換する作業は、思ったより簡単にできました。今回は交換作業よりも、穴の位置が合う金具を探すのが結構大変でした。修理したことで、愛着あるキーケースを快適に使えそうです。

コメント